10周年記念・市民発電所が完成、発電開始しました!

Pocket

生活クラブケアセンター世田谷の屋上に、エコメッセが設置した太陽光発電所が完成し、4月15日に稼働開始しました。
15日、午前中に東京電力の検査を終わり、10時半から東電との連携運転を開始。
好天に恵まれて、発電量もぐんぐん上がり、ほどなく10kWを記録しました。
午後3時からは、ケアセンターの地域活動室をお借りして、ケアセンターを運営する「社会福祉法人 悠遊」の鈴木理事長と、エコメッセの大嶽理事長が、屋根貸し賃貸契約書を取り交わし、市民発電所の完成を、関係者と共に祝いました。
発電した電力は、東京電力へ全量売電されますが、災害時に停電した場合には、自立運転に切り替えれば
3kWまで、ケアセンターで使用することができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です